「牧場で働こう」体験会を開催します BOKUJOB 2017 広報&相談コーナー

先輩紹介

ノースヒルズマネジメント(※) 立川直さん

本当に何も知らない素人からこの世界に飛び込んできたので、後輩にはこの世界で育ってきた人にはわからない、初歩の初歩からアドバイスをしたいですね。

卒業
工業高校卒(京都府出身)
勤務地
北海道新冠郡新冠町
  • ノースヒルズマネジメントは名称を平成23年1月25日にノースヒルズに変更手続きを実施しています。

質問1現在の仕事内容

私が働くノースヒルズマネジメントは、競走馬の生産から育成、騎乗調教までを一貫して行なうオーナーブリーディングファームです。毎年、約50頭の仔馬が誕生するのですが、その仔馬達が無事に競走馬として育つよう世話をしています。私の主な仕事は、その中でも1歳馬を育てることです。

夏の出勤時間は朝の5時です。冬になると開始時間が6時になります。最初にスタッフみんなが集まってミーティングをします。その日一日の主な行事、来客の予定などの重要事項を確認します。その後、1歳馬の厩舎に移動し朝飼をつくり、夜間放牧をしている馬の集牧をします。だいたい5時半くらいからでしょうか。そのときにケガをしてないか、熱がないかなどをチェックします。ノースヒルズでは1厩舎を2人か3人で担当することが多いですね。

その後、7時から8時までが私達の朝食時間となります。食事は朝、昼、晩とも寮にある食堂で、毎日キッチンスタッフの作ってくれたものを食べています。午前の仕事は8時から12時までです。私達の牧場では昼夜放牧に積極的で、育成馬は午前中に4時間、厩舎で飼葉を食べ、休息します。残りの20時間は放牧地で過ごします。この4時間の間に体調をチェックしたり、手入れしたり、ときにはシャンプーをしてあげたりします。

午後は1時30分から仕事になります。当歳馬はまだ幼いので、1歳馬より少し長めの時間、厩舎で休息します。ですから、当歳馬たちは昼休み明けに放牧をします。その後、厩舎の掃除、場内の草刈りや整備などを行ないます。終業は5時です。実際に馬と触れ合う時間は少ないのですが、その時間の中で馬に何が出来るかを考えながら行動することが、今の自分のテーマです。例えば、集牧のとき、放牧のときには、その仔とコミュニケーションをとりながらしっかりと力強く歩かせることをテーマにしていますし、手入れのときもただ汚れを落とすのではなく、人間との信頼関係を念頭において仕事をするようにしています。

質問2牧場就業を選んだ理由


私は京都出身で、競馬とは縁のない環境で育ちました。競馬との出会いは中学生のときです。初めてみた競馬はテイエムオペラオーが勝った宝塚記念ですね。とくに競馬に興味があったわけではなく、学期末試験の勉強をしながら、何気なくテレビで見たのが最初です。そのときは馬や競馬がすごいというよりも、盛り上がりがすごいなぁというのが正直な感想ですね。工業高校を卒業したあとは、家業を継ぐために専門学校に通いました。競馬場へ足を運んだのは、専門学校の友人達に連れて行ってもらったのが最初です。その競馬場の雰囲気で、すっかり虜になりました。ノースヒルズを選んだのは、やっぱり有名な牧場だったのと、ホームページから清潔感にあふれた牧場の雰囲気が伝わってきたからです(笑)。こんなところで働いてみたいと思い、両親の反対を押し切って北海道まで来てしまいました。もう5年前の話です。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

私が入社したのは2005年で、ヘヴンリーロマンスが天皇賞を勝ちました。それはそれで嬉しかったのですが、やはり自分が当歳から手掛けた馬たちが活躍してくれることが本当に嬉しいですね。2005年生まれといえば、重賞を勝ったオディールやサブジェクト、いま活躍中のアーネストリーがいます。あのときの仔馬達がこんなに頑張っているんだ、というのは励みになります。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

自分の仕事に満足した日は一日もないのですが、馬にケガをさせてしまったときなどは本当に申し訳ないと反省します。今時期の1歳馬が何かの拍子に本気で走ったら、経験のある人でも抑えきれないと思います。ですが経験のある人たちは、彼らが本気になる前にそれを感じ取り、対処しています。幸い、まだ馬に大きなケガをさせたことないですが、少しでも馬が安心できるように腕を磨いて、コミュニケーションを深めていきたいですね。

質問5仕事をする上で心がけている事

馬は、自分たちが思っている以上に繊細で臆病な動物だと思います。そういったことを理解していないと、自分もケガをしますし、他人にケガをさせてしまいます。自分がケガをするのは自業自得だと思いますが、他の人や馬にはケガをさせたくありません。それを心がけています。また、自分は本当に何も知らない素人からこの世界に飛び込んできたので、後輩には、この世界で育ってきた人にはわからない、初歩の初歩からアドバイスをしたいですね。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

私は繁殖牝馬や仔馬の世話もしているので、手掛けた馬が活躍してくれることが何より嬉しいです。幸い、私が入社した年に生まれたサブジェクトが重賞を勝ち、ダービーまで駒を進めてくれました。ダービー当日は、牧場研修として東京競馬場まで応援に行かせてもらったのですが、あの雰囲気は格別でした。サブジェクトがパドックを回っているのを見ているだけでこみ上げてくるものがありましたし、できることなら、あの舞台で勝って欲しいと思いました。ノースヒルズマネジメントなら、それが可能だと思っています。

自分が成長することで、馬と会社に恩返しをしたいと考えています。


平日の過ごし方

ノースヒルズの寮はバス、トイレつきの個室です。夜は、自分の部屋でのんびりと自由に過ごしています。私は車を持っていないので、先輩に町まで食事に連れて行ってもらうこともあります。先日は仕事を早めに終わらせて、門別競馬場まで生産馬の応援に行きました。見事に勝利してくれて、みんなで喜び合いました。朝は早いけど、楽しく充実しています。

休日の過ごし方

休みは週1回です。毎週日曜日に集まって、翌週のシフトを決めます。私は写真を撮るのが好きなので、休みの日は放牧地で馬や牧場写真を撮ったりします。仕事中はできないですもんね。それから走ることが好きなので、牧場のまわりを走ったりしています。ここは広いし、アップダウンもあります。馬を見ながら走るのは楽しいですよ。

プライベートの夢や目標

寮に住んでいることもあって、あまりプライベートと仕事を分けては考えてはいません。今は、目の前の仕事を確実にこなしていくことを目標にしています。プライベートではないのですが、自分が成長することで、馬と会社に恩返しをしたいと考えています。

  • 戻る


BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会