「牧場で働こう」体験会を開催します BOKUJOB 2017 広報&相談コーナー

先輩紹介

千代田牧場橘亜耶さん

ダノンプラチナが勝った、ゴールの瞬間は、やはり込みあげてくるものがありました。

卒業
私立 金光桐蔭高等学校卒業(大阪市)
勤務地
北海道

質問1現在の仕事内容

私が勤務する千代田牧場は北海道と千葉に牧場を持ち、生産、育成、調教を行う総合的な牧場です。私は、その中でおもに生産部門の仕事をすることが多いです。

仕事のスタートは朝6時です。1日の最初は、馬に飼葉を付けることからスタートします。季節によって多少異なりますが、その後は、放牧する馬は放牧に出し、そのあとは馬房掃除です。

夏になれば夜間放牧をする馬もおりますので、その馬たちを馬房へ戻して、馬体のチェックなどもこの時間に行います。それから寝藁を変えたり、水桶を掃除したり。その後、朝食の休憩が7時半くらいからです。朝食後、午前8時15分くらいから生産、育成含めた全体のミーティングを経て、特別なことがない限り、午前中は馬房や厩舎まわりの掃除などを行います。

また、午後からは飼葉づくりをしたり、せり前などは牧場に足を運んでくれる馬主の方々のための準備や、買っていただくために馬の説明などもします。

質問2牧場就業を選んだ理由


中学生くらいのときに親戚のおじさんから「好きな数字を言ってごらん」と言われて言った数字が、有馬記念の的中馬券となってお小遣いをもらったというのが強く印象に残っています(笑)。馬や動物が好きだったということ、自然の中で生活したいということもあり、その頃からこの業界に漠然とした憧れを抱くようになりました。

当時、まだBOKUJOBのようなものがなく、インターネットで検索して千代田牧場と巡り会いました。活躍馬を多く出している大きな牧場だったこと。福利厚生がしっかりとしていることが一番の決め手になりました。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

生まれたときから面倒を見てきた馬が大きくなって、活躍してくれることがこの仕事の一番の醍醐味だと思います。ダノンプラチナが勝った朝日杯フューチュリティS当日は仕事が休みだったので静内の場外馬券場で応援していたのですが、ゴールの瞬間は、やはり込みあげてくるものがありました。勝ったことはもちろんですが、サラブレッドの生産にたずさわる者として、ここまで順調に競馬を使ってこれたことが嬉しいです。それと、自然に恵まれ、開放感のある環境で仕事ができ、生活できることはやっぱり楽しいですね。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

馬に対してはまったく経験がなく、ただ好きというだけで飛び込んだ世界ですから、思い描いていた理想と現実とのギャップは必ずあったはずなんですが、今、改めて思い出そうとしても、心に深く残っているようなことがないんですよ。忘れているってことは自分の中では消化しているのだと思います。あるいは、それに勝る喜びがこの仕事にあるのか。

だから、もし、迷っている人がいるなら、一度はこの業界に足を踏み入れて見るべきだと思います。きっと、想像してなかったような喜びがあって、他人から見たら大変だなぁと思うようなことも気にならないと思います。

質問5仕事をする上で心がけている事

私は繁殖牝馬を扱うことが多いので、まずは馬が健康であることを大切にしています。母馬が健康でなければ、健康な子馬は生まれないと思いますし、小さな変化を見落としたことが、のちのち、その馬の競走生活に大きな影響を与えるケガや病気に発展するケースも少なくありません。お客様によりよい状態で馬を見ていただくためにも、日々の仕事の中で小さな変化を見落とさないことを心掛けています。また、お客様と接する機会もありますので、そのときのために馬の良いところを見逃さないように心掛けています。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

千代田牧場はマーケットブリーダーですから、生産馬とお客様との出会いをうまく演出できるようになりたいです。昨年、競走馬育成協会の海外研修に参加させてもらったときに感じたことなんですが。せりにいらっしゃるお客様との接し方が日本と違っていることに驚かされました。自分たちが上場している馬のことだけでなく、お客様のことも勉強してせりに挑んでいると感じました。私もせり会場などではお客様と接する機会もありますので、もっともっと馬の良いところをアピールできる引き出しをたくさん持てるようになりたいですし、千代田牧場の馬を応援してくださるお客様のことも勉強したいと思います。

女性でもできる仕事だということを日本でも発信していきたい。


平日の過ごし方

だいたい夕方5時半頃に仕事が終わりますので、そのあとは自由な時間になります。夜飼いの当番の日はテレビみながら体を休めたり、飼いつけのまでの時間を利用して買い物に行ったりします。夜飼いがなければ、お酒を飲んでることが多いかもしれません(笑)。あと、千代田牧場では月に2回、福利厚生で近くの温泉に入れるので、それを利用したりもします。

休日の過ごし方

私の休日の利用方法は、目いっぱい遊ぶか、逆に完全に休むか。休むと決めた日は1日寝ているときもありますし、遊ぶと決めた日は冬はスノーボードや、夏はドライブや釣りなどを楽しみます。千代田牧場のある静内からはどれも日帰りで楽しめますし、帰りに温泉を使わせてもらうこともあります。都会を離れた田舎暮らしを楽しんでいます。

プライベートの夢や目標

競走馬育成協会の海外研修で、アメリカでは人間と馬との距離が近いことと、馬の仕事に関して女性の就業人口がすごく多いということが新鮮でした。日本は、まだまだそういう面では遅れていると思いますので、女性でもできる仕事だということを発信できればよいなと思います。

それから、日本では用途変更と言われるような馬たちの余生についても、みんなで考えるような環境が整えば嬉しいと思っています。

  • 戻る


BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会