「牧場で働こう」見学会のレポートを掲載しました

先輩紹介

山口ステーブル下田瑞生さん

誰にでも可愛がられるような馬を育てたいと思っています。

卒業
熊本県立熊本農業高校畜産科
勤務地
浦河町

質問1現在の仕事内容

私の勤務する山口ステーブルは、北海道・浦河町のBTC(軽種馬育成調教センター)のすぐ近くに厩舎を構える育成牧場です。主な育成馬では、NHKマイルCの優勝馬ジョーカプチーノ、兵庫ジュニアグランプリの優勝馬ジャジャウマナラシなどの育成調教を手がけており、コンサイナーとしてクイーンCを制したイクスキューズも送り出しています。

仕事は朝6時半から始まります。厩舎のすぐ近くに会社の寮があるので、朝の準備やその後の朝食や休憩なども部屋で取ることができます。午前中は騎乗調教と寝藁上げといった厩舎作業を行い、12時からはお昼休みに入ります。午後は13時から作業を開始して、午前中に乗り切れなかった馬がいれば騎乗調教を、いなかった場合には手入れや馬体チェックなどを行い、17時までには一日の作業が終わります。また、当番制ですが始業時間の前に朝飼いや、終業の後に夜飼いを付けることもあります。

質問2牧場就業を選んだ理由


動物に接する仕事がしたいと思って農業高校に進学した際に、馬術部に入部したのが馬と接したきっかけです。高校卒業後は馬術を続けるべく、東京農業大学に進学したのですが、アルバイトで東京競馬場や中山競馬場で放馬止めをした際に、競走馬の姿に感動を思えるようになり、ゆくゆくは競馬に関わる仕事をしたいと思うようになりました。

競馬場のポスターなどで「BOKUJOB」の存在は知っていて、サイトから働けそうな牧場を検索したところ、自分の騎乗経験が生かせるのではと思えた牧場が山口ステーブルでした。一念発起して、大学1年の春休みに大学を辞めて、面接の1週間後には育成馬に乗せてもらっていました。

入社する前は、競馬場の厩舎のように様々な年齢層の方が働いているのでは? と思ったのですが、先輩たちは20代、30代と年齢層が若くて会話も弾むだけでなく、騎乗技術的なことも分かりやすく教えてくれました。住環境も含めて、とても働きやすい牧場だと思います。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

馬術をしていた頃には考えられなかったのですが、屋内坂路や直線の馬場など、馬をまっすぐに走らせていいのは驚きでした。それでも当時はハロン20秒ぐらいの時計でも、スピードの違いに恐怖感を覚えたこともありましたし、まっすぐに馬を走らせることの難しさも感じさせられました。また、札幌競馬場で行われた昨年のトレーニングセールでは、社長の計らいでスクーリングを兼ねた調教に乗せてもらったのですが、競馬場のコースを馬に乗って走れた時は嬉しかったです。

自分が育成調教で乗せてもらっていた馬が、JRAで勝利をあげた時には、自分の仕事が繋がっているんだという感慨がありました。今の2歳世代は馴致から接してきた馬たちであり、勝利してくれた時には、まるで子供の成長を見るような気持ちになってしまうのかも知れません。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

馬術をしていた頃には全く考えもしなかったのですが、人を乗せたり、ハミを覚えさせるための馴致が、これほど大変だということを改めて感じました。また、働き始めた頃は馬術の感覚が抜けきらなかっただけでなく、引っかかる馬を上手く調教できなかったこともありました。「お願いだから我慢をしてくれ」と思いながら、馬に乗っていたこともあります。

高校まで住んでいた熊本では、全くと言っていいほど雪が降らなかったので、冬の雪の多さに唖然としました。それでも浦河は北海道では雪が少ない方だと聞いて、より驚きました。日によっては雪の中でも騎乗することがあるのですが、吹雪の日だと全く前が見えなくなることもありました(笑)。

質問5仕事をする上で心がけている事

最近は馬に乗りながら、様々なことを考えられるようになってきました。先輩たちが話している「馬の身体をどう使わせるか」という言葉も理解できるようになっただけでなく、それを騎乗に生かせるように心がけています。

また、日々の手入れなどでは常に声をかけるなど、コミュニケーションを取るようにしています。人に対して抵抗を持ったまま競馬場に行って欲しくないですし、誰にでも可愛がられるような馬を育てたいと思っています。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

1歳の馴致から馬に接してみて、馴致、育成といった日々の積み重ねが、競馬場で活躍する馬となることを改めて気づかされました。だからこそ、自分が携わっていてまだ何かしてやれたのにな、との気持ちで競馬場へと送り出すのなら、自信を持って、ここまでやれたと思えるような馬を育てていきたいと思います。

ゆくゆくは厩務員となりたいとの気持ちもありますし、その意味でも山口ステーブルで様々な経験をさせてもらっていることは感謝しかありません。少しでも馬たちのために、そして社長や先輩たちに恩返しができるような仕事をしていきたいです。

ドライブでまだ遠くまで行きたいですね。


平日の過ごし方

自分の部屋に戻ってからは夕食を食べて、のんびりとしていることが多いですね。牧場に入ってから運転免許を取り、社用車を借りて、ちょっとした買い物ついでに浦河町内や静内方面まで出かけています。また、大学の先輩が日高管内にいるので会いに行ったり、一緒にご飯を食べることもあります。

休日の過ごし方

札幌出身の先輩が実家に戻る時には、車に乗せてもらって、買い物などをしています。また、夏には釣り竿を持って様似方面に出かける日もあります。高校までは頻繁に釣りをしていたのですが、北海道の海は向こうで見たことの無い魚ばかりなので、釣り上げる度に楽しくなります。

プライベートの夢や目標

雪が溶けたらになりそうですが、ドライブでまだ遠くまで行きたいですね。札幌には何度も行っている割には、苫小牧にまだ行ったことが無いので、初めての苫小牧は自分の運転で行ってみたいです。

  • 戻る

BOKUJOB 2016 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会