BOKUJOB 2017 広報&相談コーナー 「BOKUJOB 2017 メインフェア」レポートを掲載しました。

先輩紹介

MAXトレーニングファーム 三村駿さん

将来は実家の生産牧場を継ぎたいと考えています。父親が創業した牧場ですから、それを継いでG1勝馬を出したいですね。

卒業
静内農業高校卒業
勤務地
北海道浦河郡浦河町

質問1現在の仕事内容

私が働くMAXトレーニングファームはまだ競走馬になる前の1歳馬を預かって競馬場に送り出すまでの馴致・育成と、せり市場に上場させる馬を預かってセリ用に仕上げるコンサイニングを行なっています。

時期によって大きく異なりますが、春から秋にかけてはコンサイナーとしての仕事がメインになり、秋からは翌年にデビューを控える1歳馬の馴致、育成が主になります。

11月の朝は5時半からスタートします。まずは馬を馬房から出すのですが、そのときに異常がないか確認して、出し終えたあとは馬房掃除をします。現在、1歳馬のほかに預託している繁殖牝馬や乗用馬の馴致も含めると全部で19頭いますので、これらの仕事が終わるのはだいたい7時半くらいになります。それから9時くらいまでが朝食を含めた休憩になります。9時からは乗り運動ができる1歳馬の調教をスタートさせます。時期によってもだいぶ違いますが、午前中いっぱいは、すでに騎乗できるようになった馬の運動ですね。

午後は馴致と手入れです。1時半くらいから5時くらいまででしょうか。馴致というのはまだ何も知らない馬に、人間の指示を理解、そして乗れるようにすることです。もちろん、最初は抵抗しますが、競走馬としての第1歩を教え込むという充実感のある仕事です。最後は手入れです。手入れといっても、馬とコミュニケーションをとる大切な時間です。

質問2この仕事を選んだ理由


私の実家は生産牧場で、将来は家を継ぎたいと考えています。これからの時代を考えたときに単に馬を生産するだけでは厳しいだろうと思い、馴致を含めた馬の仕上げ(コンサイニング)を勉強したかったというのがきっかけです。MAXトレーニングファームは卒業するとき、学校の馬術部の先生に卒業生の日高育成牧場の方や宮内牧場の方に紹介されました。実家の牧場では騎乗馴致は必要としませんが、実家とは違う環境で、技術者の方からいろいろなことを学びたかったので日々充実しています。ここに来て良かったと思っています。まだ覚えることばっかりで大変といえば大変ですけど、楽しいです。

質問3仕事で一番嬉しかったこと、または醍醐味

4月から働き始めたばかりで経験はまだ少ないですけど、7月のセレクションセール、8月のサマーセール、9月のオータムセールすべてを経験させてもらいました。せりで馬が売れたときは嬉しかったですね。1歳馬のコンサイニングというのは騎乗馴致とはまったく違う苦労と充実感があります。

今年の例で言えば、市場用に預かった1歳馬で、とても気性が強く、人間に触られることに慣れていない馬がいました。正直いえば、最後まで完全にコミュニケーションが取れていたとはいえなかったですが、ロンギングとブラッシング、曳き運動という日々の積み重ねの中で上下関係を教え込みながら市場に上場して、売却することができました。その馬が売れたときは、良血馬を高額で売るのとは違う意味で嬉しかったです。

質問4仕事で大変だったこと、または失敗エピソード

ちいさな失敗はたくさんありますよ。馬から落ちたこともありますし、社長の目からみたら物足りないことだらけだと思います。ここで馬を育てる、ということは自分が今まで乗馬クラブや学校の馬術部でやってきたこととはまったく違いますので、学ぶことだらけです。失敗しながら学ぶということを大変だといえば大変なことかもしれませんが、それを大変だとは思わないです。

質問5仕事をするうえで心がけていること

自分はまだ偉そうなことをいえる立場ではないので、ひとつひとつの仕事を正確に、そして早く終わらせることを心がけています。そうすれば、その分だけ違う仕事もできます。あと、少人数の牧場ですから、自分自身がケガや病気で休まないように、そして馬にケガをさせないように心かげています。

質問6仕事上での夢、または目標

今はまで勉強中の身ですからいつになるかはわかりませんが、将来的には実家に戻るつもりです。ここでたずさわった馬に関しては、乗った馬も、コンサイニングした馬もどちらも無事に競馬場で走って欲しいです。もちろん、活躍して、大きなレースに勝ってくれれば嬉しいのでしょうが、競馬はそんなに甘いものではないと思っていますので、当面の目標としては無事に走って欲しいです。

とにかく馬が好きで、馬のそばにいることが好きなんです。


平日の過ごし方

社宅を用意してもらっていますが、食事は牧場で用意してくれます。夕方に仕事が終わり、自分の食事を済ませたあと8時に夜の飼い付けがありますので、それまでの時間は体を休めるようにしています。あとは、寝るまで音楽を聞いたり、テレビを見たり。朝の早い仕事ですから、そんなにいろいろなことはしないです。

休日の過ごし方

休みは日曜日です。実家の馬が走るときはウインズまで応援に行ったり、実家を手伝ったりします。とにかく馬が好きで、馬のそばにいることが好きなんです。学生の頃も、学校に行く前も仕事を手伝ったりしていましたし、小学校2年生から乗馬をやったりしてましたからね。

自分自身の夢

父親が創業した牧場ですから、それを継いでG1勝馬を出したいですね。それはどの生産者も同じだと思いますが、やっぱりG1勝馬を出したいです。あと、生産者としては血統を育てる楽しみがあります。父親が独立するときに勤務していた牧場から譲り受けた血統を広めていくことが夢ですね。日高では数少ない血統なので大事していきたいですね。この仕事は厳しいですけど、仕事が厳しいのは、この仕事に限らず当たり前のことだと思います。それでも、嬉しいことがあるから頑張りたいです。

  • 戻る

BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会