「牧場で働こう」見学会のレポートを掲載しました

先輩紹介

西山牧場育成センター加藤秀典さん

やりがいがありますし、牧場で働くというのは夢のある仕事。

卒業
日本動物植物専門学院卒業
勤務地
北海道日高町

質問1現在の仕事内容

私が勤務している西山牧場育成センターでは、競走馬の中期育成(イヤリング)、馴致、育成、休養を行っています。以前は騎乗者および育成部門の副場長としてトレーニングに従事していましたが、現在は離乳後の当歳や中期育成馬の管理をしながら、トレーニングの補助業務を行っています。仕事のスタートは夏季なら5時、冬季なら6時。離乳後の当歳や中期育成中の1歳馬は夜間放牧を行っていますので、出勤後はまず集牧作業を行います。各馬を馬房に入れて飼い葉つけ。同時に育成馬の移動も始まっていますので、当日の調教スケジュールに合わせて各馬をウォーキングマシンやミニパドックに入れます。その後は空いた馬房の掃除をするなどして、1歳馬の検温。日によって装蹄師さんによる削蹄や獣医さんのチェックが入るので、そのあたりは臨機応変に対応します。飼い葉、検温が終わったら再び放牧して、今度は昼飼いの準備。飼い葉の配合は海外の栄養士さんの指導に従って、各馬の体重や成長度合いによって微調整を行っています。30分ほどの小休憩を挟んで、手が空いていれば育成馬の調教補助へ。初めて坂路に入る馬や久しぶりに乗る馬などは思わぬアクシデントが起こる可能性がありますので、坂路入り口まで付いていって補佐します。午前中の仕事が終わったら昼休憩。午後の仕事は季節を問わず14時から。馬の手入れ、放牧、飼い葉、と一連の厩舎作業が終わるのはだいたい16時30分~17時くらいですね。僕の役割はこの牧場における〝何でも屋〟のようなもの。時にはセリにも帯同させてもらいますし、ホッカイドウ競馬の外厩馬を競馬場に連れて行くこともあります。

質問2牧場就業を選んだ理由


こちらに来る以前は小動物に携わる仕事をしていたのですが、専門学校時代の研修で1回だけ馬に跨がった時の感覚をずっと覚えていました。ある時、JBBA研修生募集の広告を目にして、これだ、と思いすぐに応募しました。10人ほどの枠に100人以上の応募があって、きっとダメだろうなと思っていたのですが、運よく入ることができました。研修では半年間(現在の研修期間は1年)基礎からみっちりと教えていただきました。完全に素人でしたから何から何まで大変でしたが、馬に乗ることは本当に楽しくて。卒業後はすぐに西山育成センターに就職して現在に至ります。JBBAの教でもある〝三乗七厩〟という言葉は僕にとっても基本。育成者にとって厩舎作業をしっかりやって、馬のケアを万全に行うことは乗ること以上に重要です。現在、僕はほとんど馬には乗りませんが、馬に良い環境を作り、成長を見守り、しっかりとケアすることこそが強い馬を育てると確信しています。やりがいがありますし、牧場で働くというのは夢のある仕事。馬の仕事に就いてかれこれ20年近くになりますが、この仕事を選んで本当に良かったと思っています。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

入社してすぐの1998年の春、うちの生産馬であるセイウンスカイが皐月賞を勝った時はこれ以上ないほど感動しました。育成時に2回ほど跨がったこともありましたし、自分が少しでも携わった馬がG1レースを勝てるなんて信じられなくて、本当に嬉しかったですね。セイウンスカイは同年秋に菊花賞も勝ってくれて、何てすごい馬なのだろうって。強い馬を育てたい、大きなレースを勝ちたい、という気持ちがどんどん膨らみました。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

競走馬を育てるというのはどれだけ頑張っても、どれだけ手をかけても、必ずしも結果が出るわけではありません。馬体や気性に問題のある馬は手もかかりますし、さんざん苦労して競馬場に送り出したのに、全く走らなかったなんて例は山とあります。何が悪かったのか、足りなかったのか、何年この仕事をしていても反省ばかりですね。

質問5仕事をする上で心がけている事

西山牧場は以前は生産から育成まで一貫して行う総合牧場でしたが、現在は繁殖牝馬を他の牧場に預託して生産しています。もちろん全頭把握はしていますが、それぞれ場所が離れていることもあり、どうしてもケアしきれない部分があります。リーチザクラウン初年度の代から購買馬など一部の馬に関しては離乳後すぐに育成センターに移動して、早期から手をかけるようにしてきました。結果にも表れてきていますが、各馬の癖や問題点を早い段階から把握してケアすることの大切さを改めて感じています。例えば、人間に触られることが当たり前になれば、育成に進んでもスムーズに段階を踏んでいけますからね。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

すべての馬を勝たせること。これに尽きます。そして、セイウンスカイ以来、届いていないGⅠのタイトルが欲しいですね。

僕の場合はこの仕事が夢そのもの。だから、仕事上の目標がイコール、自分の夢です。


平日の過ごし方

始業開始の30分前には現場に行けるように、朝は冬なら3時半、夏でも4時には起床しています。仕事が終わった後はお酒を呑むのが楽しみ。でも、週に1日、2日は場内でランニングをして汗をかいてから呑むようにしています。最近は馬に乗っていませんし、年齢的にも筋力が落ちてきますからね。体力維持のために1回10キロとか走っています。

休日の過ごし方

子どもが幼い頃はスキーやキャンプに行きましたが、大きくなってからはめっきり遠出をしなくなりました。近所に住む友人や同僚と呑むのが楽しみです。あと、暖かい季節になったら家族や友人とバーベキューをします。

プライベートの夢や目標

僕の場合はこの仕事が夢そのもの。だから、仕事上の目標がイコール、自分の夢です。すべての馬を勝たせること。またいつかこの牧場からGⅠ競走を勝つ馬を出すことです。

  • 戻る

BOKUJOB 2016 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会