「牧場で働こう」見学会のレポートを掲載しました

先輩紹介

サンシャイン牧場畠山真梨子さん

嬉しい、楽しいことはやっぱり馬に乗れるということですね。

卒業
東関東馬事専門学院
勤務地
日高町

質問1現在の仕事内容

サンシャイン牧場は生産から育成まで手がけるオーナーブリーディングファームで、私は育成部門の騎乗員として働いています。

育成牧場には種牡馬(フィガロ、アンパサンド)もいるので、シーズンになれば種付けのお手伝いもします。

地方・ホッカイドウ競馬の外厩がメインとなるため、競馬を開催していない冬の期間は朝6時に飼い葉を付け、順次パドック放牧やウォーキングマシーンに入れます。8時から騎乗を始めますが、外の走路が凍結して使えないため屋内馬場で。常歩、ダク、キャンターと両手前ずつ15分程度を3鞍乗ったあとは寝わら上げなどの厩舎作業を行います。だいたい12時くらいに午前中の作業は終了、午後は1時半から放牧していた馬を厩舎に戻して手入れをしたり、使っていたパドックの掃除をしたりで4時半くらいには終業ですね。

ホッカイドウ競馬が開幕すると始業が1時間早まり、ナイター競馬に合わせて終業も遅い時間になります。

質問2牧場就業を選んだ理由


全く馬のいない環境で生まれ育ち、競馬にも興味はなかったんですが、動物が好きだったので牛とか馬とか大きい動物に触ってみたいという願望がありました。母に相談したら馬がいいんじゃない?と遠野の牧場に連れて行ってくれて、そこで初めてサラブレッドを間近に見て、やってみたいと感じました。それまで馬に触ったこともなく、ゼロからのスタートだったのでまず学校に入り、基礎中の基礎から学びました。競走馬の馴致からトレセンや競馬場見学、競技会に参加したりと一通り経験させてもらいました。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

嬉しい、楽しいことはやっぱり馬に乗れるということですね。最初は暴れていた馬が徐々に暴れなくなったり、馬と意思の疎通が取れ、こちらの指示を聞いてくれるようになる。日々成長を感じられますね。特にホッカイドウ競馬の外厩馬は、ここで乗ってレース当日競馬場へ運び、終わったら帰ってくるため、自分次第で即結果に繋がるという醍醐味があります。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

北海道に来て初めての冬なので、地元・岩手と降雪量は変わらないですが気温が違いすぎて凍結路面で滑ったり、いろいろな初体験があり最初は戸惑いました。他は大変なことより楽しいことが多いので…。失敗といえば落馬もしょっちゅうだけど辛いと感じたことはないです。

質問5仕事をする上で心がけている事

学校に通っている時に先生から口を酸っぱくして言われていたのが「愛馬心」という言葉で、その頃はそんなに気に留めていなかったのですが、実際仕事に携わってみて重い言葉だと感じ、常に心に置いています。馬が考えていることをわかろうとすること。コミュニケーションを密に取り、馬の機嫌を損ねないように気持ちよく走らせること。かといって自由にさせすぎず、締めすぎず。うちはオーナーブリーダーで普通の育成牧場より1頭の馬に関わる時間が長く、兄姉の傾向も把握できるため、大きなアドバンテージになっています。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

今はまだ具体的な夢はありませんが、もっと馬乗りが上手くなりたい。当面の目標としては、ホッカイドウ競馬の外厩厩務員の資格を取って競馬場のパドックで馬をひいてみたいです。

動物関係ばかりですが北海道でしか見れないものばかりで、もっと北海道を満喫したいです。


平日の過ごし方

朝は五時過ぎに起き、住んでいる寮から厩舎まで目の鼻の先なので歩いて出勤します。昼休みはひたすら昼寝、仕事が終わって家に戻ってからはご飯を食べてテレビを見たりゲームしながらゴロゴロしていますね。あまり家から出ないです。

休日の過ごし方

以前は苫小牧辺りまで出てショッピングしていましたが、車でスリップして廃車にしてしまったので遠出ができなくなりました。なので家でゴロゴロして1週間の疲れを取ることに専念しています。春になったらまたお出かけしたいですね。

プライベートの夢や目標

北海道は何を食べても美味しいので海産物とか食べ歩きの旅をしてみたいです。帯広のばんえい競馬や稚内の方にあるトナカイ牧場、旭山動物園にも行ってみたい!動物関係ばかりですが北海道でしか見れないものばかりで、もっと北海道を満喫したいです。

BOKUJOB 2016 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会