「BOKUJOB 2017 メインフェア」レポートを掲載しました。 「牧場で働こう」体験会のレポートを掲載しました

先輩紹介

賀張共同育成センター羽石大逸さん

携わった馬たちが無事にデビューして勝ち上がってくれることが一番嬉しいですね。

卒業
BTC育成調教技術者養成研修卒業生
勤務地
北海道沙流郡日高町

質問1現在の仕事内容

私が働いている賀張共同育成センターは開業から26年の歴史を持つ育成牧場です。かつてはテイエムオペラオー、近年ではJBCスプリント(Jpn1)など重賞3勝をあげたサマーウインドを育成していました。
 冬は朝6時半から始業、寝藁上げなどはパートさんがやってくれるので、自分たちは乗って、手入れして体重を計り次の馬へという流れ。騎乗に専念できるありがたい環境ですね。5人の騎乗員で午前中に5鞍、お昼休み(11時~13時半)を挟んで午後に3鞍を1周1000㍍のコースを使ってじっくり行います。休養馬もいますが、時期的にデビュー前の2歳馬がほとんどで、全ての騎乗が終わるのは夕方4時頃です。

質問2牧場就業を選んだ理由


中学生の頃、知り合いの方に競馬場へ連れて行ってもらったのがきっかけで競馬に興味を持ち、馬に乗ってみたい!と乗馬をはじめました。安藤勝己騎手に憧れ、JRA競馬学校の騎手課程も受験しましたが、体重制限に引っかかり不合格。高校へ進学しても馬に乗る仕事に就きたいという思いは強くなるばかりで、高校2年で学校を中退、BTCの研修制度に応募しました。研修では毎日馬に乗ることができて本当に幸せでしたし、ここ賀張共同育成センターに就業した理由も騎乗に専念させてくれる牧場と紹介されたからなんです。

質問3仕事で一番嬉しかった事、または醍醐味

携わった馬たちが無事にデビューして勝ち上がってくれることが一番嬉しいですね。自分が担当していたバーバラがオープン馬になり、北九州記念(G3)で3着と活躍してくれています。卒業して行った馬が頑張ってる姿を見て、自分も頑張らなきゃと励みになります。

あとはトレーニングセールで上場した馬が1ヶ月後の新馬戦で勝った時。すぐに結果を残せたことで、仕上げ方に間違いはなかったと自信に繋がりました。

質問4仕事で大変だった事、または失敗エピソード

人馬転(騎乗中に馬ごと転ぶこと)して鎖骨を骨折したことですかね。馬は無事だったんですが、自分は痛くて起き上がることすら困難な状態。当時妊娠中だった妻にも、スタッフのみんなにも迷惑をかけてしまいました。3ヶ月で復帰できましたが、より一層怪我に注意するようになりました。

質問5仕事をする上で心がけている事

入った当初は1日2頭、そこから徐々に頭数が増え、現在は8頭の馬に騎乗させてもらっています。脚元のチェックなど基本的なことから1頭1頭丁寧に、その馬に合わせた乗り方を自分なりに考えながら進めています。馬の体型、走る時のバランスの取り方もそれぞれ違うので、なるべく馬に負担をかけないように、あとは自分自身の体のケアも大切な仕事のひとつだと思っています。

質問6仕事上での今後の夢、または目標

ダービー馬を送り出したい!と夢を抱くのは競馬に関わっている人間として当然のことですが、現実的には息の長い活躍ができる丈夫な馬をより多く育て上げたいですね。  ここ賀張共同育成センターには20代~50代と幅広い年齢の騎乗員がいるので、自分もお爺ちゃんになるまで馬に乗り続けていたいです。

笑顔の絶えない家庭を築いていきたいです。


平日の過ごし方

平日の楽しみは家に帰って1歳になる娘、陽葵(ひいな)と遊ぶこと。娘と一緒にお風呂に入り、妻にマッサージして貰って1日の疲れを癒すのが日課です。ホッカイドウ競馬が開催している時は、自分の牧場の馬や知り合いの馬を応援しに行っています。

休日の過ごし方

休みは2週間に1度。近場に買い物に行ったり家族サービスに務めています。妻の実家が東静内なので、孫を見せに遊びに行くことが多いですね。

プライベートの夢や目標

家族がいるので、妻と娘に幸せだなと思ってもらえるよう、笑顔の絶えない家庭を築いていきたいです。

  • 戻る

BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会