BOKUJOB 2017 広報&相談コーナー 「BOKUJOB 2017 メインフェア」レポートを掲載しました。

牧場で働こう体験会

BOKUJOB 夏休み牧場で働こう体験会 期間:7月31日(日)~8月5日(金)5泊6日 対象者:高校・大学生ほか 募集人数:最大15名  たくさんのご応募ありがとうございました!

グランド牧場

グランド牧場での作業体験

ボクジョブに初参加となるグランド牧場は競走馬の生産、販売、育成、コンサイナー、調教を行う総合牧場で、牧場名義で生産馬の所有も行うオーナーブリーダーでもあります。そんなグランド牧場に馬好きな3人の女子高校生がお世話になりました。将来に向けて参考になるようなことは何でも見せてもらいたい、生産も育成も機会があったら色々なシーンを見たい、汚い仕事でも地味な仕事でも何でもやらせて欲しい。3人とも将来は馬関係の仕事をしたいと真剣に考えています。

牧場を訪れた初日は先ず、これからお世話になる寮長さんご夫婦に挨拶をしてから、事務をこなす鈴木さんが繁殖厩舎や中期育成厩舎など施設を案内してくれました。厩舎に入る時は、靴底を消毒してから入ります。1歳厩舎見学では馬体重が450キロ位あると聞き驚きましたがこれから更に大きくなると聞き、更に驚きます。各厩舎内を見学しながら仕事の流れなどをそれぞれのスタッフが説明してくれて「朝が早いし力仕事だし、辛い事もいっぱいあって憧れだけでできる仕事ではありませんが、馬が好きだったらできる仕事です。その一部でも見て行ってくれたらなと思っています。」「頑張ってね!」と激励の声もかけてくれたので、最初は緊張した面持ちだった女の子達も徐々に緊張が解けていきました。
メイン厩舎に戻るとサマーセールを控えた馬達のウォーキングや立ち方の練習、馬を引いて歩くスタッフの練習中でその様子なども見学させてもらいました。セリに出るために、日頃からの地道な努力の積み重ねがあることも学びました。

初日を終えて女子高校生達は「グランド牧場の広さに驚いています。普段馬に触れ合う機会が無いのでたっぷり堪能したい。」「見学だけでも色々学ぶ事ができました。明日から体験したらもっと学べると思うので楽しみです。各厩舎とも管理が行き届いていて、それだけ生き物なので扱うのも大変なんだなと感じました。色々体験したいと思います。」という声があがっていました。

2日目からは青草の作業、厩舎作業、寝藁作業、水やりなど基本的な牧場作業と、育成の見学、手入れ、放牧集牧の見学などを体験させてもらいます。本州では馬房におがくずを使っている所が多いらしいのですが北海道では藁を使います。そうなると扱い方が難しく使う道具も全く違うのでどのように使ったら良いのかとまどいもありましたが年が近くて若い女性スタッフが色々お話を聞かせてくれたりお仕事を教えてくれたりしたのでとても心強かったようです。

牧場のお仕事を体験してみて3人は「慣れない作業で疲れたのでこれから体力をもっとつけようと思います。将来は馬関係の仕事をしたいのでこの先も研修参加を考えています。」「具体的な仕事の内容や進め方を知れて良かったです。」「作業は大変だったけど楽しかったです。地味な仕事だけど、コツコツ続ける事が好きなので苦になりませんでした。女性スタッフが一生懸命やっている姿は凄いなと思い、自分も見習って作業の仕方を取り入れたいと思いました。」と感想を話してくれました。

牧場紹介

BOKUJOB 2017 メインフェアの最新情報を発信中!

  • Twitter
  • Facebook
  • BOKUJOBブログ 求人牧場のブログをチェック!
  • 保護者の方へ 進路指導担当の方へ
  • 掲載を希望する牧場の方へ
  • JBIS Search 国内最大級の競馬情報データベース
  • 競走馬のふるさと案内所 引退名馬の見学案内、近況レポート、馬産地の旬な情報を提供

関連協会