「BOKUJOB 2018 メインフェア」レポートを掲載しました。

牧場で働こう体験会

夏休み牧場で働こう体験会 たくさんのご参加ありがとうございました!

参加者感想文

小嶋有美子さん

「実際に体験してみないとわからないことが多かったです。牧場では全て馬本位に仕事が行われていることがよくわかりました。種付け、出産、育成と様々な過程を経て競走馬になれることを改めて感じ、牧場の皆さんは不安の堪えない日々を送っているのだと思いました。体験を通じ、同世代で共通の夢や目的を持った人と出会えて、刺激になりました。」

相田真紀さん

「BTCの研修制度に興味があって参加しました。馬の手入れなどを通して、馬の1頭々々に個性があることを知りましたし、BTCの施設を見て憧れる気持ちが強くなりました。北海道の気候も、牧草の香りも好きになれましたが、自分自身に力がないの不安もあります。それでも、大変貴重な経験をさせてもらったと思います」

蓑輪将幸さん

「牧場での仕事はハードでしたが、スタッフの方が優しく教えてくれて、繁殖牝馬や仔馬に癒されました。仔馬用の馬房があることや、牧場の施設の様々な工夫を知れて、勉強になりました。テイエムオペラオーを生んだ牧場ということで、牧場の事務所で記念品なども見学でき、思い出も沢山出来ました。」

北村莉沙さん

「乗用馬の馬房掃除は経験済みでしたが、母仔の馬房掃除は初めてで、汚れた寝わらの量も多く、重たく感じました。初めて使う用具もありましたが、何度か使っていくうちに慣れました。JBBA、BTCでの研修を受験し、将来は装蹄師を目指したいと思っています。」

佐藤利帆子さん

「牧場の仕事は知らないことばかりでしたが、牧場の皆さんが優しく教えてくれて、よく理解できました。一見簡単そうな仕事もやってみると難しくて、苦労する場面も多かったです。特に、馬房掃除はホックの使い方に慣れず、時間がかかってしまいました。生まれて数カ月の仔馬が想像以上に大きく見えて、驚きました。」

村上駿馬さん

「牧場の方が仕事について丁寧に教えてくれて、仕事内容はしっかり理解できました。牧場の仕事は想像以上に厳しかったけど、その分、やりがいもあると感じました。大変だったのはボロ拾いで、匂いは苦になりませんでしたが、ボロが重たくて、体力が必要だと感じました。一緒に過ごした研修生とも親しくなれたし、良い環境で牧場体験に打ち込むことができました。」

有馬航輝さん

「思っていたよりも重労働で、背中が筋肉痛になりました。特に、寝ワラ上げが大変でした。牧場では馬の格好良さに魅かれたし、仔馬は可愛く感じました。地元の鹿児島と比べて北海道の夏は涼しく、過ごしやすいですね。将来はJRAの調教師を目指します。」

吉澤一さん

「牧場では力仕事が多く、体力が要ると思いました。放牧地でボロ拾いをしながら、馬が過ごしやすい環境づくりの大切さを、身をもって知りました。牧場の仕事は楽しそうなイメージがありましたが、牧場の皆さんの働きを見ていて、本当に細かな部分まで気を配って仕事をしているのを実感しました。馬に携わっている側の競馬観を知ることができて、勉強になりました。」

平野裕さん

「水くみや寝ワラ上げが力仕事で大変でした。ボロは大きいし、匂いもしましたね。牧場の仕事は初めて知ることばかりで、体験を通じて牧場のイメージがだいぶ変わりました。同じような目標を持った人と出会えて、話も合い、新しい友達が出来て良かったです。今後はBTCの研修を受験し、将来は乗り手として馬を育てていきたい。」

遠藤奨さん

「仕事は大変でしたが、やりがいがあると感じました。牧場スタッフの方が一生懸命、生き生きと働いていたのが印象的です。皆さん、プロ意識を持って時間通りに素早く仕事をこなしていました。寝ワラ上げは汚れているのと、そうでないのを分けるのが難しかった。馬を放牧に出すこともしましたが、大人しい馬で自分でも出来ました。ゆくゆくはどんな馬でも扱えるようになりたいです。将来は調教助手を目指します。」

井口幸弥さん

「参加するまではいろいろ心配がありましたが、実際に参加してみると親切な人が多くて安心しました。厩舎作業はじめ、牧場の仕事は大変なことが多いですが、すべて馬のためだと思えば苦になりませんでした。調教師になりたいという漠然とした思いで参加しましたが、今回はいろいろなことを勉強させていただきました。お世話になった方々に感謝の気持ちを忘れず、この業界を目指したいと思います」

逆瀬川裕太さん

「多少の経験があって参加しました。厩舎作業など実際に働くということは大変ですが、きついとは思いませんし、厳しい経験は自分のためでもあります。ジョッキーになりたいという希望がありますので、馬の仕上げや調教などについて多く学びたいと思います」

中村亮介さん

「馬にはほとんど触ったことがないままの参加になりましたが、毎日が充実していました。早朝から仕事をしたり、厩舎作業では手にマメができたり、あるいはくしゃみが出たりもしましたが、それもまた楽しかったです。初めて見たり、経験することが多く、まだまだ学びたいことと思いました。馬の手入れや乗馬は楽しく、東京に戻っても続けていきたいと思いました」

南里桃花さん

「自分がこの世界でどこまでやっていけるかを確認するために参加しました。牧場の仕事は厳しいことが多いですが、馬との時間はそんなことを忘れさせてくれるものでした。この1週間は将来の自分にとって、とても有意義な時間になったと思います」

上田和さん

「馬が好きという気持ちはあるのですが、牧場の仕事がどういうものなのかを知るために参加しました。5泊6日を通して牧場で仕事をする厳しさと楽しさを知りましたが、この世界は知識と力が必要だと思いました。JBBAの研修生になるために、トレーニングをしたいと思います」

フォトギャラリーを見る